復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

怒りの感情の発生時がチャンス!怒りの感情は解釈の仕方で素敵な感情に変わりポジティブ思考になれる!

怒りの感情の発生時がチャンス!怒りの感情は解釈の仕方で素敵な感情に変わりポジティブ思考になれる!

ポジティブな人というのは物事を肯定的に捉える事が出来る人です。小さい子供はポジティブな子が多いですが、年齢は子供でも精神的には大人な部分があり、肯定的な素晴らしい解釈や捉え方に大人の私達も考えさせられることがたまにあります。

無意識からマイナス思考になってしまえば、暫くマイナス思考が離れなくなってしまうことが多いです。もしイライラすることがあって怒りたくなった時に、別の解釈の仕方を考えてみましょう。イライラしていることから良い部分、プラスな解釈を見付けられたら最高ですが、まずは怒りを鎮めるようにして怒ることを我慢するということを実践してみましょう。一呼吸おいて話したり行動することが大事です。

心では怒りが爆発しそうであっても、実際に平然な態度を装っていると後味が悪くなりませんので自分にプラスだと納得して下さい。実際に怒ったり態度に出てしまった時というのは、ストレスが発散されるどころか逆に怒った後の後味が悪くなってしまいますので自分にとってマイナスです。

怒りたい気持ちを我慢して平然を装うというのは、ポジティブでありカッコ良くクールな大人の対応なのです。怒ることを我慢する度にあなたはポジティブになれます。

しかし我慢しているだけでは蓄積しいつか爆発しますので、蓄積させないために解釈の仕方を変えることが必須なのです。解釈さえプラスに出来れば怒りの感情が蓄積されることはありません。何故なら怒りなどの感情は解釈の結果生まれるので、解釈の仕方次第で感情が変わるのです。

怒りの感情の発生時がチャンスですので、その時に是非ポジティブな解釈をして本気で納得しましょう!

怒りの感情は解釈の仕方で素敵な感情に変わるのです。

【女性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【女性版復縁マニュアル】

【男性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【男性版復縁マニュアル】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ヤマダゼット

    怒りは力の源泉です。

    怒ったからと言って、いきなり喧嘩を始めてはいけません(それも場合によりけりではあります)が、理不尽な言動に対して反撃するには強い意志が必要で、それを持続させてくれるのが怒りの感情だと言えます。

    怒りが生じる原因は、侮辱された、無用の仕事を押し付けられた、信頼をうらぎられた、などなど様々ですが、つまりイヤな感情・マイナスの状態を強いられるということです。

    マイナス状態が続けば精神に(やがては身体にも)悪い影響が出るので、なるべく早くその状態から脱する必要があります。

    マイナスから脱却するための推進力となるのが怒りという感情です。

    考えなしに怒りをぶつけては、たとえ一時的にマイナスから抜けられたとしても、別の望ましくない状態に陥ることもあります。

    怒りを的確に認識した上で、場面に応じて表現したり、適切な反撃への力としてうまく利用すること。つまり、怒りに任せるのではなく、怒りの有効利用を冷静に考えられる理性を持っていることが、ちゃんとした大人の要件だと言えるでしょう。

  2. 怒りのコントロール…難しいですよね。まぁ見方を変えると
    「怒りが溢れるほど、俺はエネルギッシュ!」
    「わざわざあんな奴のために怒っている俺は、実は義侠心の塊!」
    もうちょっと自分を冷静に観察できるなら
    「その怒りのエネルギーを自分のために使おう(他者に使うのはもったいない)」
    「あんな奴のレベルに合わせてやる必要ない!」

    すみません。これくらいしか浮かびません。

  3. メグミ(二児のママ)

    怒りっぽい人は、怒ったままで感情や気持ち考え方を、怒ったまま発信しない方がいいようです。
    怒っていても、まず深呼吸を数回して一呼吸おいて、自分の中で自分の気持ち考え方を整理してください。
    そして相手に何がよくないから、どうした方がいいと解釈して伝える、大人の冷静さも必要です。
    なんで怒ったかの理由や合点出来ないところを、自分なりに相手に冷静に伝える事が出来るようにした方が、ストレスにもなりにくいのではないかなと思います。

  4. 誰しも初めは怒りなどは生まれませんが人間関係に浸されてにつれて、
    他人の考えや自分の考えの違いが生まれると思われます。
    そして同時に人間としての感情表現が生まれ、
    その一つに怒りが入っていますね。
    そんな怒りの発生は大概のことや日常では起こり得ない。ことですが、
    あまりに酷すぎるものや、言動などを見て、我慢出来ずに感情に怒りが現れると思います。

  5. 職場の人で凄く嫌な人が居ました。その人はとてつもないオーラを放っていたせいか色んな人から嫌われてましたが、そんな事お構いなしでした。その人と下で仕事をしていた時はどん底で永遠に続くのかと嫌気が差してましたが部署が変わって関わらなくなりました。
    それからも強者は登場するものの自分のメンタルも強くなったせいか、一々細かい事で気にならなくなりました。
    自分自身が成長したと都合の良い解釈をするぐらい多少図々しく図太くなりました。

  6. 怒ると言う行為は正直私は良くないと思います。が怒ると言う事はそれは違うだろ、間違っているだろと感じるからだと思います。ある意味ポジティブ思考になっていると言う良い見方も出来ると思います。ただ気持ちに任せて暴れるのではなく冷静さ抑える気持ちも必要ですね。人間は人それぞれさまざまな考え方を持っているのでどうしても衝突してしまいます。感情的になりすぎないように注意したいものです。

  7. 私がおすすめする怒りの時の解釈ですが、
    今自分が生きていることだけに感謝をすると
    目の前のことが良く見えて怒らないほうが良い解決になるとわかります。
    焦点を変えて相手の良い点や過去に良くしてもらった部分を見ます。
    そして相手にも大事な人がいると思えば見方が変わります。
    自分の見方をプラスにしてみましょう!

July, 2017
M T W T F S S
« Nov.    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31