復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

離婚を回避する方法は、相談する相手を慎重に選ぶ

離婚を回避する方法は、相談する相手を慎重に選ぶ

離婚の相談は誰にするのが最適か

結婚をされていて一度は離婚を考えた事がある方は少なくないと思います。多くの人が一度は離婚を考えた事があってもどうにか思いとどまって離婚を回避出来たというケースが多いと思います。では離婚を回避する為にはどんな方法があるか考えてみたいと思います。

離婚の相談相手は誰でも良いわけではない

まず離婚をしたいと思った原因にはどのようなものがあるのでしょうか。離婚をしたいと思った原因は実に様々だと思います。パートナーの女性問題や借金問題、DV問題など大きなものから、価値観が合わない、会話をしてくれない、無関心といったものまで多種多様にあります。どんな問題も抱えている本人にとって苦しいものだと思います。一人で抱え込むのも良くないです。誰かに相談するのも一つの良い方法ですが、ここで離婚の相談をする相手を慎重に選ぶ事が重要になって来ます。軽い気持ちで相談をした事がその後の人生を大きく左右し、後から後悔をしてしまう事も少なくありません。そういった事を避ける為に、離婚の相談をする相手は誰でも良いというわけにはいきません。

 離婚の相談を避けた方が良い相手

では離婚の相談をする上でしてはいけない相手というのは誰なのか考えてみたいと思います。それはあなたのご両親です。もしくはご兄弟など普段から仲良くされていればされている程、相談する対象からは外した方が良いと思います。もちろんご自分の中で誰が何と言おうと離婚の意志が固まっていれば、報告という意味合いではした方が良いです。

でもまだ離婚を決意していない段階で、離婚をしようかしないか悩んでいる時は、ご両親や仲の良いご兄弟に離婚の相談をすると自分の気持ちの迷いとは裏腹に一目散に離婚という結末に持っていかれてしまいがちなので気を付けましょう。ご両親にとって大切に育てたあなたは本当に可愛い娘なのです。例えお嫁にいったとしても娘は娘に変わりないので、病気をしたといえば心配するのが当然だし離婚を考えていると知れば心配でその苦しみから早く解放させてあげたいと思うものなのです。

またご両親からするとどうしても娘夫婦の問題に関して娘の意見や主張に贔屓目になります。夫婦それぞれの意見を聞いてみないと分からない事もご両親は娘の意見を信じきってしまうものだし、娘のパートナーの意見など耳に入れなかったりもします。そうして娘もご両親の「帰って来なよ」といった言葉に甘えてしまうのですね。相談をするまでは離婚をするかしないか思いとどまっていたものが一気に離婚の方向に向かってしまうのです。そうして離婚をされても最初は悩みから解放されて良かったと思うかもしれません。

でも次第に本当に離婚する程の事だったのかという疑念や、やっぱり離婚をしないでもっと頑張れば良かったなどといった後悔の思いが出て来てしまうのです。こういった事を避ける為に、余程離婚の意志が固まっていない限り、ご両親や仲の良いご兄弟に相談をするといった事は避けた方が良いのです。また結婚生活を送る上においても、ご両親やご兄弟に自分のパートナーの悪口を言ってはいけません。そういった事を聞いたあなたのご両親やご兄弟はあなたのパートナーへの見る目が変わってしまうし、あなたのパートナーもお正月などの集まりがあった時に、なんとなくそんな微妙な変化を肌で感じとってしまうものなのです。そういった事があるとあなたのパートナーもあなたの実家に行くのが苦痛になって来てしまい離婚のきっかけになってしまう事もあるのです。あなたのパートナーがあなたの実家に行きたくないと言い始めたら今一度ご自分の行動を改めてみる必要があると思います。

 離婚の経験がある方への相談は

この他にも離婚を経験した人に離婚の相談をするのも避けたい事です。特に離婚を経験して一ミリも後悔をしていない人です。離婚をするというのはかなりのエネルギーを使うものなんです。離婚により心身の不調が現れてしまう人もいるでしょう。でも離婚をした事により生き返ったというような元気な方も中にはいます。そういったような離婚を経験した人の中には、離婚を迷っている事を相談するといとも簡単に離婚を勧めてくる事があります。他人の人生など責任なんてとる事が出来ないのに、簡単に「我慢ばかりしていると心身に良くないよ」とか「人生は一度きりだから好きなように生きなきゃもったいないよ」などと無責任なアドバイスをしてきたりもします。離婚を経験して後悔をしていない人は離婚が正しかったと思っているので、他の人も離婚をすれば幸せになれると考えてしまうケースですね。こういったアドバイスに乗せられて軽い気持ちで離婚をしてしまうと、後からあの時自分は早く楽になりたいと結婚生活から逃げたのではないかと後悔の念にかられてしまうのです。離婚はそう簡単に軽い気持ちでするものではないのです。悩んで悩んでどうしても駄目だった時の為の最終手段が離婚だと思います。離婚をしようかしないか悩むという事も結婚生活を送る上での学びだと思うのです。

 離婚を後悔している人もいる

それから離婚を経験したけれど離婚をした事を後悔している人なども要注意です。こういった経験をされている人の中には、離婚の大変さを知って離婚をしようかしないか悩んでいる人に思いとどまるように諭す人もいますが、中には自分と同じところに来て欲しい人もいるのです。本当は離婚をしなかった方が幸せだったかもしれないと気付いていても、かつて自分と同じように悩んでいる人に的確なアドバイスをする事なく自分と同じところに引っ張り出して傷を舐め合ったりして、自分と同じような状況の人を見て安心したりするのです。

こちらも参考にしてみてください。夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法で離婚を回避する方法を知る事が出来ます。離婚を回避するには、実際に離婚を回避出来た成功事例を真似ることで成功しやすいですし、自分も変われるので自分にプラスにもなります。

離婚の相談をするのに最適な人

では離婚を迷っている時に相談をするべき相手は誰なのかというと、それは夫婦の事を公平に見る目を持っている方です。どちらかの友人や知人というよりも夫婦どちらの事も知っていて客観的に夫婦を見る事が出来る方です。もしくは全く夫婦のどちらも知らない他人などです。夫婦のどちらかの友人や知人だとやはり友人や知人の言い分ばかり聞いてしまうのです。なるべくお互いの共通の友人、知人を相談相手に選びましょう。どちらの言い分や意見も聞いてくれる人なら公平な目でお互いにとって最善な方法を導き出してくれるでしょう。離婚を回避する為には相談する相手を間違えない事を一つ頭に入れておきましょう。

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法の詳細

【女性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【女性版復縁マニュアル】

【男性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【男性版復縁マニュアル】
October, 2017
M T W T F S S
« Nov.    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031