復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

異性による習慣の違いがある事を理解して離婚を回避する方法を学ぶ

異性による習慣の違いがある事を理解して離婚を回避する方法を学ぶ

結婚をして初めて気付く異性による習慣の違い

恋人同士の時にはたまにパートナーと会って楽しく時間を過ごすだけで良かったので、パートナーの悪い面もあまり見えなかったと思う人が多いと思います。そうしてパートナーの良い面だけしか知らずに結婚生活に入ると、異性による習慣の違いに初めて気付き驚いてしまう方が多いようです。結婚をすると生活を共にするので、食事や睡眠を共にしたりトイレや浴室、洗濯機なども共同で使いますね。それぞれ育った家庭の生活習慣の違いなどもあるかと思いますがそれ以上に異性による習慣の違いが大きいです。食事をし終わった後に食器をそのままにしておくとか、洋服は脱いだら脱ぎっぱなしでその辺に置いておくとか、トイレの便座が上がったままなど例をあげたらキリがないくらいだと思います。異性の兄弟がいる方だったら多少の免疫はあるかもしれませんが、そうでなかったら驚きの連続だと思います。その不満をパートナーにぶつけてもパートナーはそれが当たり前の習慣として身に付いているのであまり煩く言われるとストレスが溜まってしまうのです。そうなるとパートナーは家に帰るのも煩わしくなり、離婚への一歩を踏み出してしまうかもしれません。大事な事は、異性による習慣の違いがある事を理解する事です。これは長年身に付いている事なので変えようと思ってもなかなか変えられる事ではありません。そういうものなんだと理解する事も大切です。

男性と女性の会話による思考の食い違い

離婚をしたいという夫婦の中で会話がないとか会話が続かない、発言を無視されるといったようなケースがあります。結婚をしたくらいですから初めから会話がなかったという事はないと思いますが、結婚生活を送っていく上でだんだん会話が減って来たケースが多いと思います。どこで会話が減っていったのか、中には用がある時にしか会話をしないといった夫婦もあるようです。元々、男性と女性では思考がまるっきり違うという事実があります。男性は会話をしていて問題があると思うとすぐに解決に向けての思考をします。そして解決に向けての会話になります。これは男性が古来より狩りをして生きて来た生き物である事に関係しているようです。それに対して女性は古来より地域住民との横の繋がりを大切にして生きて来た生き物なので、孤立する事は命の危機を及ぼすしコミュニケーションをとる事が非常に大切な事で欠かせない事だったと想像が出来ます。女性はそういった事からまず何かあってもなくてもコミュニケーションをとるし、会話において大切なのは解決ではなく共感や肯定なのです。こういった異なる思考の異性同士が会話をしても、男性は物事を解決をしようと曲げないし、女性は解決を求めてはいなく話を良く聞いてもらった上で共感やねぎらいが欲しいので、異性との会話では話が噛み合わないといった事が生じてしまうのです。

お互いが我慢をし、異性に歩み寄るべきか

こうした異なる思考を持った異性同士が上手く結婚生活を送るのには、お互いが我慢をして異性に歩み寄るべきなのでしょうか。多少は歩み寄る事も大切かとは思いますが、まるっきり異性に歩み寄ると自分の思考とは異なった事をするのでやがてはストレスから夫婦関係にひずみが生じてしまうと思うのです。異性による思考の違いに気付いている人は少なからず異性に歩み寄る姿勢を持っている人がいるのも事実です。特に恋愛上手な男性に多いようです。女性の話を最後まできちんと聞いて共感をした上で「大丈夫?」といった心配をする事も欠かさないので、こういった男性と会話をすると女性も気持ちがスッキリするし、こういった会話を出来る男性は異性にまた会話をしたいなと思わせます。

夫と会話をしても夫から返事が返って来ない

離婚を考えている女性に多い悩みが、夫が自分に対して無関心な事です。例えば夫と会話をしていても夫から返事が返って来ない事がよくあるのだそうです。例え返事が返って来たとしても妻の言う事に対して「うん」だけといったような事もあるそうです。何かを尋ねたり用事を頼んだ返事が「うん」だけならまだ分かりますが、妻が悩みなどを相談してもそういった事があるようです。何故「うん」しか言わないのか夫に尋ねても「うん。って言っているじゃん」と言われてしまう事もあるそうです。妻からしてみればそれは返事をしている事にはなりませんよね。そして何故何も言ってくれないのか更に問い詰めてみると「解決策を考えているけれど、分からないから」と言われてしまうんだそうです。こういったケースは非常に多いです。そして話を聞いて欲しい妻は消化不良になるし、それが何年も積み重なると耐えられなくなって不満が爆発し、離婚を考えてしまうのです。でもそれが原因で離婚をしてもまた巡り合った異性もそういったパターンになる事も考えられます。ここは異性同士では思考の違いからお互いが求めるような結果が得られない事を理解しておく事が大切です。初めから分かっていればそういうものだと思うし、共感やねぎらいなどを得たければ同性の方と話したりして解消すれば良いのです。定期的に同性の友達や仲間などと会話をしている人の方がストレスも発散出来て、よりよい夫婦生活を保てているなと思います。

離婚を回避出来た方はどうやって回避したか

近年は離婚件数が増えていますが、離婚をしたいと考えている人はもっと多くいます。離婚をしたいと考えていても実際に離婚をするよりも思いとどまる方は非常に多いです。実際に離婚をした方と離婚を回避出来た方との違いは何なのか、それは離婚を回避出来た方は実際に離婚を回避出来た成功事例を真似る事で離婚を回避出来ています。離婚を回避出来た方はどのような方法で解決出来たのかを知るには夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法が参考になります。離婚を切り出されたり離婚を考えているけれど、出来れば子供の為にも離婚を回避したいと強く望む気持ちがあれば離婚を回避する事は可能です。まずは離婚を回避する方法にはどんな方法があるのかを知り、離婚を回避するという目標に向かって勇気を持って行動を起こす事をオススメします。

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法の詳細

【女性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【女性版復縁マニュアル】

【男性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【男性版復縁マニュアル】
October, 2017
M T W T F S S
« Nov.    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031