復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

離婚を回避する方法を学んで子を失う辛さを回避する

離婚を回避する方法を学んで子を失う辛さを回避する

自分の子供なのに一緒に暮らす事が出来ない

多くの家庭が離婚により崩壊している現実があります。離婚をすると親権は片方の親が持つ事になるので、親権を持てなかったもう片方の親は自分の子供とは他人になってしまうのです。子供が産まれて来たその日からずっと可愛がって来たのに、離婚によって離れ離れになってしまったなんてそんな哀しい事はないですよね。自分が望んだならまだしも離婚を切り出されて慌てふためいている間にパートナーも子供も失っていたというケースは多いです。子供を失って投げやりになってしまう親も多いようです。出来れば子供の成長を誰もが見届けたいと思ったと思います。でももう傍に居られないなんて辛い事ですよね。

どちらの親も子供とは離れたくない

子供がいて離婚をする事になった時に問題になるのが子供の親権をどちらが持つかという事です。親は未成年の子供に対して扶養義務があるので未成年の子供がいる夫婦が離婚をする時に、どちらが親権を持つのかを決めなければいけません。親権を持つと子供の監護や教育、財産の管理などの義務が発生し権利を持つ事が出来ます。この親権をどちらが持つかという問題は非常に揉めるケースが多いです。どちらの親も子供の親権を持ちたいからです。自分と血の繋がった子供です。産まれて来たその日から今日までずっと愛情をかけてきた子供です。誰だって手放したくないですよね。でもやむを得ない理由があって手放さなくてはならない時に、親権をどちらが持つかで揉めますが、協議で親権が決まらない時は家庭裁判所へ親権者指定の調停を申し立てます。そこで不成立になると審判になり裁判所がどちらが親権を持つかを決めます。

どちらが親権を持つのか

親権が決まらなければ離婚をする事は出来ません。離婚届には親権者を記載する欄があるので子供がいて離婚をする場合には親権者を決める必要があります。協議では親権者が決まらなくても裁判所により親権が決められます。親権者はどちらが持つのかですが、これは母親が持つケースが多く見られます。まず0歳~10歳迄の年齢の低い子供を持っている場合はやむを得ない事情がない限りは母親が持つケースが多くなっています。やはり客観的に見ても年齢の低い子供を持っていたら母親なしでは育児が難しいと思います。特にまだ乳児だと授乳の問題もあるし、両親揃っている家庭でも母親の役割が大きく占めています。また母親が妊娠中で子供が産まれる前に離婚をする場合も母親が親権を持ちます。そして10歳を過ぎたら今度は子供の意向も汲んで親権を決める事が出来ます。10歳迄は複数人の子供がいても全員同じ母親が親権を持つケースが多いですが、それを越えると子供が父親を選べばやむを得ない事情がない限り父親が親権を持つ事も出来ます。また同じ兄弟でも10歳を越えていれば子供の意思により全員同じ親が親権を持たなくてもバラバラでも可能になってきます。

不貞行為があっても親権者になれるか

離婚の原因として多い不貞行為による離婚ですが、不貞行為をしたからといって子供の親権が持てないわけではありません。例えば子供が10歳未満で母親が他所の男性と不貞行為を行っても親権を持つ事が可能なのです。こうなると不貞行為をされて離婚になった上に子供の親権まで取られた父親は立場がないですよね。この怒りややるせなさはどこにぶつけたら良いのかという気持ちになってしまいます。

子供の成長をずっと見守っていたかったら

このように離婚の際に親権で争いがあると、子供が特に年齢の低い場合、親権は母親に取られてしまうケースが多いです。離婚を切り出されて親権まで取られたのでは、父親はこれからの生き甲斐なども失ってしまう事も考えられます。離婚を切り出されたけれど、子供の成長をずっと見守る為にどうしても離婚を取り下げてもらいたいという時には妻に許してもらい離婚を回避する方法を参考にして欲しいです。離婚の危機に面した夫婦はこれまでにも数多くいて、離婚の危機を乗り越えられなかった人もいれば離婚の危機を回避出来た方など様々です。離婚を回避したかったら離婚を回避出来たケースには一体どのような方法があったのかを知る事によってあなたのやるべき事が分かって来ます。

面接交渉により本当に子供と会えるのか

離婚の危機を回避出来ずに離婚が決まってしまった場合では、親権を持てなかった場合、妻も子供も失ってしまいます。親権を持てなかった親の方は、別れた子供と会う為に面接交渉をする事が出来ます。面接交渉をすれば子供と会う事は出来ます。でもこれは非常に限られた時間だけなのです。離婚をする前に毎日一緒に過ごしていた子供との日常はもう返って来ません。また親権を持った側が面接交渉で決まった約束を守らず子供に会わせないケースもあります。子供がもう大きくて自分の意思で会いに来られれば良いですが、未成年のうちはそれも難しいのです。子供の笑顔や成長の為にこれまで仕事を頑張って来た親もこれでは無気力になってしまうのも仕方ないと思います。そんな悲劇に見舞われない為にも、離婚を切り出された時に断固として拒否をする事が大切です。まだ離婚を切り出された段階なら間に合います。取り返しのつかなくなる前に離婚を回避する行動を起こしましょう。

離婚の危機を乗り越えたからこそ

離婚を無事に回避出来たら、もう子供を失ってしまうのではないかと悩む必要もないです。離婚を無事に回避出来たら何故離婚を切り出されたのかをよく考えて、今後はこのような事のないように気を引き締めて生活をしていきます。離れ離れになる寸前だった子供との日常はとても幸せなものです。子供が誕生日を迎える度、幼稚園や小学校を卒業する度、その嬉しさを噛み締められる事でしょう。当たり前だと思っていた日常が少しも当たり前ではなくかつての危機を乗り越えたからこそ持てたものだと気付いた時にその日常はかけがえのない素晴らしいものになるでしょう。いつの日か遠い昔に離婚の危機に面した事があった事を思い出してその時にはもう笑い話になっている日が来ると良いですね。

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

【女性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【女性版復縁マニュアル】

【男性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【男性版復縁マニュアル】
July, 2017
M T W T F S S
« Nov.    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31