復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

子供に恵まれなかった場合の離婚を回避する方法

子供に恵まれなかった場合の離婚を回避する方法

夫婦二人だとギクシャクしてしまう

人は一度や二度、離婚をしたいと思っても多くの人は思いとどまって離婚をしない人が多いと思います。また一度や二度、離婚をしたいと思った事がない人というのもそう多くはないと思うのです。それだけ結婚生活を送るというのは様々な事があるのですね。結婚をして子供に恵まれて家族みんなでレジャーに行ったり子供の成長を見守ったりゆくゆくは孫に囲まれて暮らしたいという夢を描いて結婚をした人も多いと思います。でも残念ながら子供に恵まれなかった夫婦もいます。子供のいない夫婦でも長年仲良くしている夫婦も沢山います。子供が出来なかったけれど幸せに暮らしている夫婦もいます。でも中には子供が出来なかった事からギクシャクしてしまうという夫婦も見られるようです。

夫婦の意見の食い違い

夫婦のどちらか、またはどちらとも不妊症だった場合、子供を望めば不妊治療をする事となります。でもここで不妊治療に向けての温度差があると夫婦仲も悪くなり、険悪なまま不妊治療を進めてしまい、離婚に至ってしまうケースもあります。例えばタイミング法で子供が出来なかった場合、次のステップに進むと思います。大体タイミング法は半年が目処になりますから、不妊治療を初めて早い段階でステップアップする事となります。ここで夫婦によってはトラブルが起きる事があります。夫婦の意見の食い違いがあるのです。

高度治療をしてまで

ステップアップした不妊治療には人工授精、それから体外授精などがありますが、その夫婦によってはいきなり体外授精になる事もあります。そして片方は高度治療をする事に意欲的だけれど、もう片方は高度治療をしてまで子供を持つべきかと思い悩んでしまう事もあるのです。出来れば自然な形で赤ちゃんを授かりたい、これは誰だってそうです。高度治療に意欲的なパートナーだってそう思っている筈です。でもタイミング法では出来なかった事もあるし、どうしても子供を持つ事を諦めきれないのです。高度治療を躊躇する側が夫側だったらまだ妻が自分の思いをきちんと説明したりする事で高度治療に進む事も多いと思います。ですが妻側が高度治療を躊躇するケースでは、夫が説明をしても治療を受けるのは妻なのでいくら夫の思いが強くても無理だったりする事もあります。また不妊治療は大抵妻側が痛い検査なり治療をするので、妻が嫌だと降りてしまえばそこまでなのです。そうして子供を諦めた夫婦は心にポッカリ穴が空いてしまってギクシャクしてしまう事も多いのです。

子供がいない場合の離婚

子供がいない場合の離婚は、子供がいる場合よりも離婚がスムーズに出来てしまう事もあります。子供がいる場合のように親権で争ったり、養育費などの問題も発生しないからです。だから子供のいない夫婦の場合はすぐに離婚を考えてしまう事も多いのです。子供が出来ない場合、離婚をしてパートナーを変えたらすぐに子供が出来たというケースもあるのは事実です。特に原因の分からない不妊の場合にはそういった事が見られるようです。子供が出来るのにもやはり相性というものが存在するからです。子供を持つ事を諦めきれない人の中には、子供を持つ為に離婚をして別の人と再婚をするケースも多く見られます。

周りの理解のない言葉が離婚を加速させる

結婚をしてある程度月日が経つと周りから言われる言葉が「子供はまだなの?」という言葉です。これは子供が出来なくて悩んでいる人にとって残酷な言葉です。冠婚葬祭などで親戚の集まりがあるとこういった事を言われるケースは多いです。中には不妊治療をしている事を知った上でも聞いてくる人もいます。世の中には不妊治療をしたら絶対に子供が出来ると思っている人もいるようです。不妊治療をしても子供が出来なかった人は沢山います。こうした心ない周りの声が不妊治療をして子供が出来なかった人の心の負担になり、離婚をしてしまう事もあります。結婚をしているから「子供はまだなの?」と言われてしまうのだと考えてしまうのです。でも離婚をしたらしたで今度は「再婚はまだしないの?」と言ってくる人もいると思うのです。このようにデリカシーのない言葉をかける人はどんな状況になってもかけてくると思うので、自分の身を守る為にサラッと聞き流す事も大切だと思います。

養子を受け入れる

日本ではまだまだ浸透していませんが、海外では子供が出来なかったりすると養子を受け入れるケースが多く見られます。日本人は血の繋がりを大事にするので、何が何でも自分と血の繋がった子供が欲しいという人が多くてなかなか養子を受け入れるという選択肢は入っていないようです。養子を受け入れるのにも条件などがありますし、経済的な問題なども発生してきます。誰でも出来る事ではないですし、人の人生を受け入れるので生半可な気持ちでは受け入れられないのも事実です。でも養子を受け入れるという選択肢もあるという事は知っていて欲しいです。特に昔は沢山の子供を産んだので、姉妹などに子供が出来なければ養子として差し出していたといいます。今はあまり子供を産まない時代なので、いくら姉妹でも容易く子供を差し出す事は難しいですが、現代でも恵まれない子供は沢山います。そういった子供の未来を預り責任を持って育てる事も人の為になると思います。

子供がいなくても幸せな人生もある

子供がいるからと言って幸せなわけではありません。子供に恵まれても反抗期を迎えた子供に苦労している親もいれば、成長した子供が犯罪をしてしまう事だってあります。そういった事から苦悩だらけの親もいます。逆に子供がいない事が不幸という事も決してありません。自分には何か他の使命があったのだと捉える事も出来ます。また子供がいない事で、子供がいる家庭より自由に行動が出来ます。夫婦で旅行を楽しんだり、夫婦の絆を深めていくのも良いと思います。

また子供がいない事により離婚の危機に見舞われてしまった時は、妻に許してもらい離婚を回避する方法を読んでみてください。離婚を回避出来る方法は必ずあります。その方法に沿って行動を起こす姿勢と絶対に離婚を回避するという強い気持ちを持つ事が大切です。

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

【女性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【女性版復縁マニュアル】

【男性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【男性版復縁マニュアル】
August, 2017
M T W T F S S
« Nov.    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031