復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

離婚を回避する方法は、束縛を激しくしない事

離婚を回避する方法は、束縛を激しくしない事

束縛を激しくしていませんか

夫婦というものは結婚して以来、毎日生活を共にするものなので、誰もが多少の不満を抱えているものです。初めは少しの不満なら我慢したり出来ますがその積み重なった不満が耐えきれなくなった時に爆発をし、離婚の切り出しになります。離婚のきっかけとしてよく見られるのがパートナーの束縛が激しい事です。束縛が激しい人は結構多くて自分が束縛が激しい事に気付いている人は多くありません。束縛が激しいという自覚がないので改めようにも改まらないし、我慢の限界に達したパートナーから離婚を切り出されてしまうのです。

パートナーを追い詰めてしまう束縛

離婚を切り出されてしまってから初めて自分が束縛が激しかった事に気付く人もいるので、指摘されるまではまさか自分がパートナーを追い詰めていたなんて気付く由もないのです。束縛が激しいケースとしてよくあるのがパートナーの友達付き合いを認めない事です。パートナーが友人と遊んだりしているのが許せなく、一切の行動を制限してしまうのです。これではパートナーは息抜きも出来ないのでとても辛い思いをします。友達付き合いが悪くなり友達も離れていってしまう可能性だってあります。また友達に心配をかけてしまう事もあるでしょう。パートナーはそのうち根をあげて実家に帰ったり家出をしてしまうのが目に見えています。そして離婚を切り出されてしまうのです。それからパートナーの友達付き合いは認めるけれど、誰と何処へ行くのかを事細かに報告をさせて許可をしてから外出させるというケースもあります。それだけではなくパートナーが友達と楽しく過ごしている時にまで連絡をして来て、本当に友達と過ごしているのかを確認するケースもあります。パートナーはせっかく友達と過ごしていてもこれでは気が休まりませんよね。

束縛をしてしまう理由

では一体、何故こんな束縛をしてしまうのでしょうか。まず束縛をしている自覚がない事が原因です。もし自分が束縛をしている事に気付いたらその異常性にも気付いてこのままではパートナーが離れていってしまう事を予測する事が出来る筈なのです。そして束縛をしている人は淋しがり屋な人が多いのです。結婚をしてこれからずっと大好きなパートナーと一緒に居られると思ったのに、肝心のパートナーは留守の事も多いから淋しくて自分と一緒に居て欲しくて束縛をしてしまうのでしょう。また自分に自信を持てない場合もあります。結婚をしていてもパートナーに不倫をされるのではないかといった不安が募り、本当は友達付き合いをしているのではなくて不倫相手と会っているのではないかなどと余計な心配をしてしまうのです。そこまで束縛をして一緒に居ても束縛をする方も辛いと思うのです。

束縛をする方が離婚を切り出すケースも多い

意外な事に束縛をしていた人が離婚を切り出す事もあるのです。束縛をする人はパートナーに自分といつも一緒に居て欲しいと願っています。でもパートナーは四六時中自分とは一緒に居てくれません。そこでパートナーに束縛をすればする程パートナーは自分から遠ざかっていきます。そうすると束縛をする方はいつまで経っても満たされないのです。常に不安や不満を抱え、いつかその不満が爆発した時に離婚に向かうのです。そしてその時は既に新しいパートナーを見つけている可能性も低くないのです。束縛が激しい人は常に誰かと一緒に居なければ心が満たされないのです。そんな束縛が激しい人が離婚を切り出すという事は今のパートナーよりもずっと一緒に居てくれるパートナーを見つけたと思って良いでしょう。

束縛から離婚を回避する為に

まず自分が束縛をしていて離婚を回避したい場合は、これまで自分がしてきた束縛がどんなに酷かったのかを自覚します。その上でこれは良くない事だったと反省をするのです。反省をしただけでは何も変わりませんので、今後一切の束縛をしないとパートナーに誓うのです。パートナーを信じていれば束縛をする必要などないのです。パートナーを信じる心がなかったからこそ束縛に走ってしまったのかもしれませんね。これ以上束縛をしない為にも自分もパートナーとの世界だけではなくパートナーのように友達付き合いをしたり、趣味を見つけてみるのも良いと思います。ボランティアをしたり社会貢献をするのも良いと思います。これらは世の中の役に立つ行為なので自分にも自信がついてくるのです。友達付き合いをしたり、趣味の世界に没頭したり自分の時間を持てば束縛をするなど考える事もなくなるでしょう。

束縛をされているけれど離婚をしたくない時

逆に自分がパートナーに束縛をされている場合です。度の越えた束縛には不満をぶつけるべきですが、そこまでいかない束縛もあります。束縛をされる時はパートナーがあなたを信じきれなくなっているのかもしれません。だからパートナーがあなたを信じられるように態度や言葉などで示す事です。あなたの事をパートナーも信じる事が出来れば、友達との外出も安心して送り出してくれる事でしょう。パートナーはただかまって欲しいだけだったりする場合もあるのです。パートナーの束縛をする面以外でパートナーに対して特に不満を感じていない場合はそれだけで離婚をしてしまうのはもったいないです。回避出来る離婚なら回避した方が良いに決まっていると思います。離婚というのは想像以上に労力を使うものだし、まだまだマイナスイメージを持たれるものなのです。再婚をするといってもなかなか出会いが見つからなかったりする事もあります。

パートナーが家を出てしまったら

自分の束縛によりパートナーが家を出てしまったら、パートナーを執拗に追い掛けないようにしましょう。これまで束縛をされてきた方には辛い事ですが、ここでぐっと我慢出来るかどうかが鍵なのです。それなのに家を出てしまったパートナーの居場所を探したり、パートナーの実家に押し掛けたりしたのでは逆効果になります。妻に許してもらい離婚を回避する方法を読めば離婚を取り下げてもらう為にやるべき事ややってはいけない事が分かってくる筈です。それらを忠実に実現する事が離婚を回避する方法になるのです。

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

【女性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【女性版復縁マニュアル】

【男性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【男性版復縁マニュアル】
July, 2017
M T W T F S S
« Nov.    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31