復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

パートナーの過去を気にしない事が離婚を回避する方法になる

パートナーの過去を気にしない事が離婚を回避する方法になる

パートナーの過去に嫉妬をしてしまう

人は生まれて来てから今日までに誰でも沢山の事を経験して来ました。恋愛においても出会っては別れ、また出会っては別れを繰り返して来た人も多い事でしょう。そうしてやっと出会って結婚に結び付いたのが今のパートナーです。そしてパートナーの過去が気になり誰でも多少は焼きもちなどを焼いてしまう事もあると思いますが、それが度を越えてとても焼きもちとは呼べないような嫉妬心に溢れてしまう人がいるのも事実です。人は少しくらいの焼きもちを焼かれるのはそんなに悪い気がしないもののそれが嫉妬心に変わり度を越えてくると鬱陶しくなって来てしまうのです。そしていい加減にしてよと怒って家を出てしまう事もあるのです。パートナーに嫉妬してしまうケースでは特にパートナーの過去に嫉妬してしまう事が多いようです。

元彼とまだ続いているのではないか

パートナーの過去に嫉妬してしまうケースでよくあるのが、妻がまだ元彼と続いているのではないかと疑ってしまうケースです。今はインターネットの時代であり、SNSなども盛んな時代です。その為、LINEやFacebook、Twitterなどで昔の知り合いとも簡単に繋がる事が出来てしまいます。そういったSNS上で懐かしい友達と再会したり嬉しい事もありますが、妻が元彼と繋がってしまう事を恐れている人もいます。そしてFacebookなどの妻の友達欄を見たりして、男性の友達がいれば元彼なのではないかと疑ったり、また元彼の存在を知っていればFacebookは本名で利用するので簡単に見つけてしまうし、写真がアップされていればそこで確定してしまうのです。そして妻と元彼に接点がないかをくまなく調べたりしてしまうのです。ちょっとストーカーっぽい危険な匂いを感じてしまいますが、本人はそんなつもりはないのでしょう。

夫なら堂々としていれば良い

Facebook上などで例え妻と元彼が友達として繋がっていようが、結婚をしているのは夫自身なので堂々としていれば良いのです。男性の場合は、過去の恋愛は一つ一つ脳内でフォルダ分けされて思い出として残っていると言います。ですが女性の場合は、過去の恋愛は上書き保存をされていくので、今結婚をしているという事は夫以外には保存されているものがないのです。女性はあまり過去の恋愛を思い出したりする事もないので、例えFacebook上などで元彼と繋がっていたとしてもあくまでも友達として繋がっていると見て良いと思います。

妻の過去の職業から疑心暗鬼になってしまう

ある男性は妻が自分と結婚をする前に、キャバクラで働いていたそうでその為に妻に対して疑心暗鬼になってしまう事が多いそうです。その事で妻に嫉妬心を抱いてしまったり、色々な事を疑ってしまったりして信頼関係も崩れてしまっているようです。妻が例え過去にどんな職業に就いていたとしても、夫にあれこれ詮索する権利はないのではないかなと思います。キャバクラで働いていたから男性の扱いが上手いのではないかとか、キャバクラ時代のお客さんと今でも繋がっているのではないかとか、キャバクラ時代で身に付けた作法で男性を取っ替え引っ替えしているのではないかなどと余計な心配をしてしまうのです。妻はキャバクラで働いていた時にあくまで仕事としてお客さんと接していたと思います。そして家庭に落ち着いたという事がその答えなのではないかなと思います。家庭に入った妻を信じなくてどうするのでしょう。

妻の過去は詮索するのに対して自分はどうか

妻の過去の事に対して詮索が激しい夫はいますが、自分の事は棚にあげて妻の事ばかり詮索している人もいると思います。女性は終わった過去の恋愛の事はどうしても納得がいかない別れ方をした時以外では、キッパリ忘れるケースが多いです。特に相手が憎くて別れた場合や裏切られて別れた場合は、多少恋愛の傷を引きずっても表面上は早く忘れようと努力するものです。だから女性は別れると元彼の写真などを処分したり、元彼に貰ったプレゼントを返したり、処分したりする人が多いです。それに対して男性は過去の恋愛を思い出として大切に保存しますので、写真なども捨てない事が多いのです。ある女性は付き合った彼氏の家に泊まりに行った時に元カノとの大量の写真が出て来て驚いたそうです。そして彼氏は悪びれる事もなく、元カノとの写真を女性に見せたりしたというケースもあります。元カノの写真を残しておいているからと言ってどうという事はないのですが、今の彼女への配慮や気持ちなども考えて欲しいなとも思いますよね。ましてや結婚をするとなったら新居にまで持って来ないで欲しいと女性なら思う筈です。こんなところに男女の違いが見られるのですが、自分では元カノの写真などを残しておきながら妻の過去の詮索ばかりする夫もいるのでそこら辺が矛盾をしているのではないかなと思います。女性は筋が通っていないと思うとあまり夫の事を信頼出来なくなってしまうのです。

パートナーの過去には無関心でいる事が一番

パートナーの過去を詮索しても何にもなりません。パートナーの元彼を知ったところで何でもない時にその元彼の顔がちらついて来てしまったりするだけで何の良い事もありません。だったら妻の過去を詮索する事は辞める事が一番です。そして気になっていたとしても無関心でいる事が大切です。過去なんて知っても変えられないのですし、そうこうしている間にも妻は未来を向いて歩いていると思います。そこには夫との明るい未来も描かれているのです。その明るい未来を自分の余計な嫉妬心でなくしてしまう事は辞めましょう。

妻と沢山の思い出を作る

妻に元彼と過ごした思い出がある事が悔しかったら、これから妻と沢山の思い出を作っていけば良いのです。妻の夫として妻と思い出を作っていけるのは自分だけなのですからその事に自信を持つ事です。自分の嫉妬心がエスカレートした事により妻に離婚を切り出されてしまったら、妻に離婚を取り下げてもらう為に妻に許してもらい離婚を回避する方法を実践する事です。離婚を回避出来たら、今度こそ嫉妬心などを取り払い、妻と二人で未来を向いて歩いていけるように大事に過ごして欲しいです。

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

【女性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【女性版復縁マニュアル】

【男性版復縁マニュアル】

相談実績35649人(2016/3/16現在)の「復縁を熟知」している人気復縁アドバイザーが教える方法がマニュアル化されているものです。プロの復縁ノウハウをあなたにお譲りしてくれます。
【男性版復縁マニュアル】
July, 2017
M T W T F S S
« Nov.    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31