復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

離婚原因から見えてくる離婚を回避する方法

離婚原因から見えてくる離婚を回避する方法

離婚をした人はどんな理由で離婚をしているのか

昔に比べて今は離婚をする人が本当に多くなりました。周りを見渡してみても離婚をされた人が多い事に気付くと思います。小さな子供を抱えてのシングルマザーも沢山いますね。では離婚をした人はどんな理由で離婚をしているのでしょうか。離婚をしたくないと思っている人にとって、離婚をした人の離婚理由を知る事で見えてくる事があると思います。自分は気を付けようなどと参考になるものもあるでしょう。

性格の不一致

まず離婚原因としてあげられるのが性格の不一致です。これは離婚原因としてあげられる事が非常に多いです。中でも価値観の違いや金銭感覚の違い、人生観の違いなどが具体的な理由となっています。これらは恋人同士の時にはあまり分からないものなのかもしれません。恋人同士の時はいつでも一緒に過ごしていたわけではないので、結婚をするまでにお互いに自分の全てを見せていたわけではないと思います。結婚前に長く同棲期間を持っていたならこういった事も回避出来そうな気はしますが、多くは結婚をしてから価値観の違いに気付く事が多いです。その価値観の違いも受け入れられるならまだ良いのですが、中には受け入れられないパターンもあるのですね。そういったケースが離婚を選択する流れになってしまうようです。芸能人などはよく離婚理由に価値観の違いをあげられていますね。芸能人は非常に多忙で生活も不規則なのですれ違いなども多いでしょう。夫婦なのに会う事も少なく、数少ない二人揃った日に優先するものが違ったら気持ちのすれ違いも生まれそうです。一般人でも例外ではなく当てはまる事でしょう。人生において何を一番に優先にするかなど優先順位の違いなども生活を共にする上でネックになってしまうようです。金銭感覚の違いも片方が節約家で片方が浪費家だとお互いにストレスが溜まりそうなのも目に見えています。

パートナーの不貞行為

パートナーの不貞行為は立派な離婚事由であり多くの人が離婚原因としてあげられています。一度のパートナーの不貞行為により離婚をされた人から二、三度パートナーの不貞行為が続きこれはもう直らないだろうと諦めて離婚をした人もいます。一度のパートナーの不貞行為なら許したという人も多いですね。パートナーもしくは自分の不貞行為により離婚を迫られて離婚を無事に回避出来た人は、妻に許してもらい離婚を回避する方法に沿った行動を取って回避出来たケースが増えているようです。パートナーの不貞行為をやめさせる方法なども知る事が出来るので離婚を回避したい人にとって、参考になる情報ばかりです。

嫁姑問題など親族による問題

親族の問題も離婚原因としてあげられています。親族の問題にもその家庭毎に実に様々なパターンがあります。嫁姑問題は同居をしている家庭に多いですね。今は敷地内同居だったり二世帯住宅で一緒に住んでいても殆ど顔を合わさない住宅も増えているようですが、やはり同居をしていない家庭に比べると接点は多いのも事実です。ましてや完全同居で食事やお風呂など何もかも共同だと嫁姑問題が勃発しやすいですね。結婚をして驚く事は本当にそれぞれの家庭によって習慣が違うという事です。自分では当たり前としてやって来た事が別の家庭では全く違かったという事も多くて初めは戸惑いもあります。その戸惑いも慣れる事によって薄れていけば良いですが、これだけは譲れない事なども人にはあると思うのです。そういった時に嫁姑問題が大きくなったりするのだと思います。またパートナーの理解があれば良いですが、夫がマザコンだったりすると妻の言い分はそっちのけで姑寄りになります。妻のフォローなどというものはありません。そうなると妻はとても居心地の悪い思いをしますよね。同居をしていなければ会った時にだけ我慢をすれば良いのですが、同居をしていると毎日毎日我慢の連続でいつか爆発してしまいます。また逆に婿入りのケースで夫が除け者にされてしまうケースもあるのですね。除け者にされた夫は家に居づらくて休みの日はしょっちゅう出掛けたり家に寄り付かなくなってやがては離婚という結果になる事もあり得ます。

DVやモラルハラスメント

DVやモラルハラスメントも立派な離婚事由になりますし、多くの離婚原因にもなっています。DVは身体の暴力であり、DVを受けた方は身体も痛いし心も深く傷付いてしまいます。DVは結婚する前はなかったというケースが多いです。結婚する前は優しい人だったから、この人と結婚をしたら幸せな家庭を築けそうだと思うし、まさかこの人が将来DVをするなど想像もしませんよね。そして結婚後にDVがあり、あんなに優しかった人がどうして?と混乱に陥ってしまいます。そしてDVをする人はその後、大抵の人は我に返ったように謝って来ますので、謝っている姿が本当のパートナーの姿でDVをしているパートナーは何かの間違いなんだと錯覚を起こすようになります。自分さえ我慢すれば良いのだと思ってしまう人も少なくないです。DVというとこれまでは男性によるイメージが強かったですが最近は女性によるDVも増えて来ているようです。そしてモラルハラスメントは言葉による暴力が多いようです。モラルハラスメントは今、とても増えて来ていますね。昔からあったとは思いますが、あまり表立っては騒がれませんでした。でも今はメディアなどで取り上げられたりモラルハラスメントの存在が広く知られるようになっています。モラルハラスメントは夫婦二人きりの時に行われる事が多く、大抵モラルハラスメントをする側は外面が良い事が多いので周りに相談をしても信じてもらいにくい事も辛い部分ですね。

離婚原因が分かったら

離婚原因としてまだまだ少数派の理由などもありますが、大まかなものは以上のようなものがあげられます。パートナーに離婚を切り出されて離婚をしたい理由がよく分からない時に自分がこのケースに当てはまっていないかを確認する事も大切です。そして例えパートナーが離婚理由を言っていたとしてもそれが建前の理由であったりする事もあるので、どんな離婚理由が多いのかを知っておく事も離婚を回避する対処法になると思います。

 

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

人気テレビ番組、芸能人、雑誌などで評判!日本トップクラスの「復縁屋さん」の復縁メソッドを頼ってみて下さい。

「復縁したい!」という、多くの人たちのお悩みを解決してきた7つのステップ。

幸せで温かい笑顔の家庭を築いて下さい。
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

人気テレビ番組、芸能人、雑誌などで評判!日本トップクラスの「復縁屋さん」の復縁メソッドを頼ってみて下さい。

「復縁したい!」という、多くの人たちのお悩みを解決してきた7つのステップ。

幸せで温かい笑顔の家庭を築いて下さい。
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事に「いいね!」しますか?

646 views
December, 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031