復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

離婚を回避する方法は、生活費の扱いの問題を改善する事

離婚を回避する方法は、生活費の扱いの問題を改善する事

離婚の原因として多い生活費の扱いの問題

離婚をする理由は各家庭により様々ですが、その中でもよくある原因が生活費の扱いの問題です。人は生きていく上でお金がないと生きていけません。家に住むのだって家賃やローンがかかるし、食事をするのにもお金はかかります。また生活をすれば日用品などを購入しなくてはならないし、その他にも携帯電話代、交通費、交際費、衣料費、娯楽費、医療費など様々なお金が必要になります。お金が沢山あれば悩む事はありませんが、例えお金が沢山あっても生活費の扱いの仕方によって問題が生じてくる事もあります。

生活費を妻が管理する

生活費の管理の仕方として、多いケースは妻が生活費を管理するケースだと思います。昔からこの方法で生活費の管理が行われて来た事が多いケースです。夫の給料を全部妻が管理をして、そこから支払いや遣り繰りをします。そしてお小遣いを毎月夫に手渡します。このやり方は妻の管理能力が必要になって来ます。夫の給料日になると銀行口座から全部おろしてしまい、自分の事に使ってしまうような事はご法度です。今は家賃やローン代、携帯電話代、新聞代、NHK代、水道代、電気代、ガス代、生命保険代など殆どの支払いが口座引き落としになっているのでそのまとめた金額を口座に入れておかなければなりません。そしてそれらを残した上でお金を引き出します。そこから妻が食費や日用品などの生活費を管理するのです。妻の金銭感覚が余程おかしくない限り、この方法は堅実で良いやり方だと思います。ただ一つ問題なのが昔と比べて今はクレジットカードや電子マネーでのお金の支払いが出来てしまうので、夫は渡されたお小遣い以上の金額を使っている可能性もあります。後々問題にならないように妻はクレジットカード会社の明細を毎月チェックして把握しておくと良いでしょう。

夫が生活費を管理する

夫が生活費を管理するケースも見られます。夫が生活費を管理するケースには、夫の給料が入ったら妻に生活費とお小遣いを渡すパターンです。これも毎月決められた日に妻に渡し、生活費が過不足する事なく渡されていれば問題はないでしょう。

共働きの場合では

共働きの場合では、夫婦がお互いに生活費を分担しているケースも見られます。例えば夫が家賃や光熱費を支払い、妻は食費や日用品などを支払うといった感じです。お互いの収入が同じくらいの夫婦だとこれでも問題はないでしょう。ただし、妻の方が極端に収入が少なかったり、子供が出来ると働きに出られなかったり収入も減ってしまうのでまだ子供のいない共働きの夫婦に良い方法だと思います。子供が出来ると想像以上にお金がかかるからです。

夫が妻に生活費を渡さない

生活費の扱いに問題があるケースとして多いのが、夫が生活費の管理をしていて妻に生活費を渡さないといったケースです。この場合、妻にも収入があれば何とかなりますが少ないパート代だったり専業主婦だと非常にダメージが大きいです。妻に生活費を渡さないケースは様々で初めから渡さない人、初めは渡していたけれどだんだん渡さなくなっていった人、あるいは結婚をしたら渡すと言っていたのに口約束だけで実際には渡さなかった人など実に様々です。中には子供が出来るまではお互いに遣り繰りをして、子供が出来て子供が産まれたら生活費を渡すと言っていたのにいざ子供が産まれても生活費を妻に渡さないという夫もいます。子供を産んだばかりの女性は働きに出る事が出来ません。夫に生活費を貰えないと赤ちゃんのミルク代やおむつ代を買う事も出来なくなってしまいます。例え妻に貯金があったとしても携帯電話代などが毎月引き落とされたりして減っていきますし、子供の今後の事も考えて貯金には手をつけたくないだろうなと思います。

妻に生活費を渡す改善を

妻に生活費を渡さない期間が長い事続くと妻は子供を育てるのに非常に不安を抱えます。明日のおむつ代さえなかったら子供がこれから離乳食が始まる時にどうなってしまうのだろうと考えます。そうしてしびれを切らした妻が実家に帰ってしまい、妻が夫に離婚を切り出すといったケースも少なくありません。そうなる前に夫は妻に生活費を渡す事をしなければなりません。子供は夫婦で育てるものです。妻だけが育てていれば良いものではありません。それぞれ力を合わせて協力し合ってこそ子供は育つのです。

離婚を切り出されてしまったら

生活費の扱いに問題がある事に気付いていなかったり、薄々気付いてはいるけれど自分のお小遣いが減るのが嫌だったりする為に見てみぬふりをしているケースもあります。不景気な時代なので、収入が少なくて家賃や光熱費などの支払いでいっぱいで妻に生活費を入れるところまでいかない場合もあるでしょう。何年もそういった事が続けばとても子供など育てられるものではありません。子供が成長すればもっとお金がかかって来ます。子供が大学に行きたいと言っても行かせてあげる事も出来ないかもしれないのです。そうならない為にも収入が少なければ転職をして収入を増やすといった方法もありますし、副業で収入を増やすといった方法もあります。そういった努力をして増やした収入を妻に生活費として渡すのです。出来る事があるのに放置をしたままだと、ある日妻から離婚を切り出されてしまう可能性も低くないです。もし妻に離婚を切り出されてしまったら、生活費の扱いに問題がある事に気付く事です。例え気付いていても改善をしなかったなら気付いていなかったのと同じです。中には妻が実家に帰ってしまい、裁判所から離婚調停の通知が来て初めて驚く人もいると思います。その時はこういった事になってしまった事を反省するべきです。そして妻に離婚を取り下げてもらいたいという気持ちが強くあれば後悔の思いとこれからの将来の事を手紙に綴ります。妻と修復したいという気持ちがある事が前提としてあった上で妻に許してもらい離婚を回避する方法から妻に許してもらう為の手紙の書き方を学ぶ事が出来ます。生活費の扱いの問題で離婚を切り出された人は非常に多いです。でもそこから離婚を回避出来たケースもあります。離婚を取り下げてもらいたいと強く願うならそういった成功事例からどうやって修復したのかを学ぶ事が大切です。

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

人気テレビ番組、芸能人、雑誌などで評判!日本トップクラスの「復縁屋さん」の復縁メソッドを頼ってみて下さい。

「復縁したい!」という、多くの人たちのお悩みを解決してきた7つのステップ。

幸せで温かい笑顔の家庭を築いて下さい。
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

人気テレビ番組、芸能人、雑誌などで評判!日本トップクラスの「復縁屋さん」の復縁メソッドを頼ってみて下さい。

「復縁したい!」という、多くの人たちのお悩みを解決してきた7つのステップ。

幸せで温かい笑顔の家庭を築いて下さい。
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事に「いいね!」しますか?

600 views
December, 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031