復縁する方法plus

復縁する方法と、離婚を回避する方法、浮気・不倫調査に関することなどをご紹介しています。

復縁するには!?「別れた本当の原因を探る」ことが復縁成功において大切!復縁マニュアル「7ステップ」で復縁成功!その効果とは

復縁するには!?「別れた本当の原因を探る」ことが復縁成功において大切!復縁マニュアル「7ステップ」で復縁成功!その効果とは

あなたが今、誰かと「復縁したい」なら「自分が思う別れた原因…」ではなく「別れた本当の原因」を探ることが復縁成功において大切だということを理解して下さい。

本当の原因を探って問題解決をしないことには復縁成功はあり得ません。思い込みの勘違いの原因では無理です。

復縁を成功させるために自分から変わる

相手の「期待」を知ることで成功率は上がる

復縁を成功させるには、相手が嫌がることを理解して相手の「期待を理解」することが大切。何故なら人を行動させているものは「期待」だからです。その期待を理解すれば相手の行動も分かり「成功率をグンッ」と高めることが出来ます。相手が喜んで相手が望むことをすることで復縁は成功に近づくのです。

人は期待に沿って「行動している(生きている)」ので「相手の期待を無視し続けた結果が別れ」です。つまり原因が何であれ相手から別れを告げられたのなら「相手の中であなたの存在が不要(期待が無い状態)になったという事」です。

相手の期待を理解すると相手の癒しに繋がるので復縁の成功率も上がるのです。相手を変えようとするのではなく「自分が変わる」ことが復縁成功において大切なことです。復縁したい…ということは自分を変えるチャンスなのです。幸せになるために自分を変えるのです。

「理解」=「癒し」です。相手の気持ちを「理解」するということは相手も「癒される」ということです。相手が癒されていけばそれは自分も癒されて幸せになっていけるということです。心理学三大巨頭の一人アドラーは人が幸せを感じる条件の1つは「貢献感」だと言っています。

見返りを期待せず相手の為に力を使って貢献すること。それが自分を幸せにし相手のことも幸せにするのです。復縁したい…ということは貢献感を感じて幸せになるために自分を変えるチャンスなのだと思います。苦しみの中には必ず大切な気づきになるものが隠れています。

自分を変えるための復縁マニュアル「7ステップ」とは

本気で復縁を考えているなら以下の「7ステップ」をお試し下さい。マニュアルを読み、実践していくことで結果として自分が変わることにも繋がります。自分が復縁を成功させれる自分へと近づくことが「成功率をグンッ」と高めることでもあります。

「7つのステップ」はデヴィ夫人も注目したほどの復縁メソッド(方法)で、日本トップクラスの復縁屋さんが作成した復縁メソッド、マニュアルです。

日本トップクラスの復縁屋さんの「テクニック」も教えてもらえるのが「7ステップ」です。

※学んだテクニックを、決して悪用してはいけません

日本トップクラスの復縁マニュアル7ステップ

復縁人は幸せになる権利があります

今すぐに「復縁マニュアル」を手に入れて、

幸せを掴みに行って下さい!

【あなたが女性の場合】

どうすれば「は、
また、あなたを愛してくれるのか?

自分で出来る復縁方法を
日本トップクラスの復縁屋さんが教えます。

あなたも大切な
取り戻して下さい。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【あなたが男性の場合】

どうすれば「彼女は、
また、あなたを愛してくれるのか?

自分で出来る復縁方法を
日本トップクラスの復縁屋さんが教えます。

あなたも大切な「彼女
取り戻して下さい。

復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

 

復縁マニュアル「7ステップ」の目次

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法 復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

マニュアルの目次は以下になります。

第1章 はじめに
第2章 よくある復縁の間違い、失敗する人
第3章 復縁の本質
第4章 復縁の7ステップ&ワーク
第5章 別れた原因別攻略法
第6章 年代別攻略法
第7章 ケーススタディ&テクニック
第8章 My Story 作成
第9章 スタートを決める
第10章 最後に

実践しやすいように、シンプルにまとめられているのでご安心ください。

日本トップクラスの復縁屋さんの「テクニック」は、「第7章 ケーススタディ&テクニック」です。

 

復縁(よりを戻す)に失敗するパターンと成功するパターン

「復縁(ヨリを戻す)に失敗するパターン」
1.焦りは復縁を遠ざける
2.一方的な感情や自己アピールはダメ
3.以前と変わらぬ態度や重い言葉
4.冷たい態度や泣き落とし
5.独りよがり

「復縁(ヨリを戻す)に成功するパターン」
6.冷静さが大事
7.復縁に向けたアクションはすぐに起こさない
8.周りの意見に飲み込まれないこと
9.復縁を成功させるメールの仕方

「復縁(ヨリを戻す)に失敗するパターン」

復縁するには!?デヴィ夫人にも注目された復縁メソッドもご紹介!復縁(ヨリを戻す)に失敗するパターンと成功パターン!復縁成功し幸せを掴みとって下さい!

1.焦りは復縁を遠ざける

相手には、あなたを見直す期間が必要
「焦る」ということは、復縁のみならず多くのことにおいて禁物です。早く復縁をしたくて焦って行動してしまう人が多く気持ちはわかりますが、その行動は「相手が、あなたを見直すための冷却期間を、あなた自らが潰してしまう」ことにもなります。

何かを達成するには「プロセス(過程)」が必要です。復縁も同じです。「焦る」ということは「プロセス(過程)を無視する」ということです。それでは目的は達成されません。大切なことは結果もですが「プロセス(過程)」も大切なことです。その過程に自分の成長があります。

相手が「別れを選択した」ということは、あなたに対して何らかのマイナスな感情があるはずです。その感情は時間の経過と共に薄れて行く場合もあるので、その期間を与えないということはあなたを見直すことを、あなた自身が潰す結果になるケースもあるのです。

復縁したい側にしてみれば「早くしないと恋人だった人が他の異性に心を奪われてしまうのではないか!?」と思いがちです。気持ちはとてもよくわかりますが、「急がば回れ」です。焦って相手に詰め寄ってしまうと詰め寄られた相手は、その「プレッシャー」と「気迫」から逃げ出したくなるばかりでしょう。回り道をしているようでも、安全なステップを踏んだほうが良い結果になりやすいのです。

2.一方的な感情や自己アピールはダメ

「◯◯に行った時、楽しかったね!」のような過去の楽しかった思い出話や「もっと、こうしたかったよ。」などの一方的な自分の気持ちを押し付けるようなことをしてはいけません。相手からしてみれば「だから、どうしたの?」という感じになりやすい。相手の気持ちを無視すると復縁を遠ざけるだけです。

また、以前のあなたとは違う。変わった。というのは、「相手が見たり感じたりするもの」であって自分からアピールするものではないのです。それを自分からアピールしてしまうと逆に相手は「何も変わっていない」と思ってしまいやすく、復縁失敗の可能性が高くなってしまうでしょう。

3.以前と変わらぬ態度や重い言葉

別れたのは、言葉や行動など何かしらの理由があります。なのに、付き合っていた頃と同じような態度や接し方をしてしまうと復縁に結びつけるのが大変困難になりますので、変化のない態度や重い言葉で相手とコミュニケーションをとろうとしないほうが良いです。

また、彼氏や彼女が自分に対して未練などがある場合は効果的かもしれませんが、別れた後、もうあなたのことを何とも思っていない時に「愛してる」や「もっと、わかり合いたい」などの「相手にとって重い言葉」を言ってしまうと「ウザい」と思われたり更に嫌われてしまう可能性は高いです。

4.冷たい態度や泣き落とし

好きな気持ちとは裏腹にどう接すればよいのかわからず、冷たい態度をとってしまう人もいます。これも相手からしてみれば、よくわからない人という扱いになりやすく逆効果です。

例えば、自分がその態度をとられたと想像してみてください。偶然会ったり、再会した時にすごく冷たい態度をとられたらどう思うでしょうか?

「え?何なの?この人」
「もう、関係ない人だからいいけど。」
「じゃあ会わなければいいのに」

などと思ってしまいますよね。
ですので、普通に接することが出来ないのなら会わないようにすることです。あなたの幸せのためにも、自分で自分の首を締めるような行動は避けるべきです。

また、「泣く」という事実を相手に知らせるのは相手が引くだけなのでやめましょう。一人の時などに陰で泣いてしまうことはあると思いますが「泣いたよ。」とわざわざ告げたり、目の前で泣くようなことは、相手が男性、女性に関わらず、面倒臭さが増し、嫌われる可能性が高まりやすいのです。

5.独りよがり

相手の意見も気持ちも聞かずに、自分一人で良いと思い込んでいる独りよがりは復縁が失敗する大きな原因の一つです。

「相手の気持ちは相手のもの」です。相手の気持ちを決めつけずに相手の気持ちを尊重することが大事です。

「復縁(ヨリを戻す)に成功するパターン」

6.冷静さが大事

別れてしまったからこそ、自分にとってどれほど大切な人だったかなど、今まで見えてなかったことに気づくことがあります。だからこそ復縁したいと思うものですが、ここで大事なのが「自分をしっかり見つめ直せる冷静さ」です。

何が別れの原因になったのか自分に反省する点があるのか?など、変えなければいけない事、気づかなければならないことが沢山あるはずです。それを冷静に考えることをしないとヨリを戻すことは出来ません。

別れに至った時と同じ状況では、ますます相手を呆れさせてしまうだけなのです。まずは自分を冷静な目でしっかり見つめ直し、変わる努力に時間をかけましょう。それがのちに連絡した時、相手から「何か、しばらく見ない間に変わったな。」と自然に思ってもらえるような変化をしていきましょう。

これは、あなたがより良くなるためのチャンスなのです。「苦しみの裏にはそれ相応のプラスなこと」があります。それを掴めるかはあなたが変化していくかにかかっているのです。

7.復縁に向けたアクションはすぐに起こさない

意外ですが、ヨリを戻したいと思うのなら何もアクションを起こさないことが大事な時期もあります。別れた後、お互いが情緒不安定で気持ちの整理がついていない時に、メールや電話をしても何も前には進みません。

連絡をしてみたところで、相手の心を取り戻せるほどの行動や言動は出来ないでしょうし、相手も気持ちをわかってもらえないことに疲れが増してしまうだけです。

別れるという決断をした相手も相当な勇気とエネルギーを使っているのです。そう決断した相手の気持ちも考えて、しばらくは他の趣味や楽しいことに目を向けてみることも1つの道です。

今は冷却期間なのです。チャンスは必ずあります。その間に復縁を成功させるために自分が変わっていくための情報収集したり、学んだりしながら、好きという気持ちを忘れないようにしながら時を待ちましょう。

8.周りの意見に飲み込まれないこと

「ヨリを戻したい」と友人や知人に相談すれば、色々な意見やアドバイスがもらえることでしょう。でも待ってください。その意見が危険な時もあるのです。

そもそも、どんなタイプのどんな人と付き合ったのか、付き合った年月や状況、別れた理由は人それぞれ違うのです。どんなにその詳細を友人達に話していたとしても、こればっかりは付き合っていた当人同士にしかわかりにくいこともあります。どんなに参考になりそうな意見でも全くそのとおりにはならないこともあるのです。

なので、アドバイスとして頭の片隅に入れておくのはいいですが、真に受けて、そのとおりに行動してしまっては失敗してしまう可能性は高まるでしょう。

いろんな意見を聞いて、そうゆうパターンもあるんだな。と思う程度にとどめておきましょう。人の意見を参考にするときは復縁を成功に導いた実績のあるプロに聞いたりするほうがプラスです。

実際に経験をしてきた人からの言葉はしっかり中身が詰まっているものです。

9.復縁を成功させるメールの仕方

あなたが復縁に成功する為に大切なことですので、何度も言いますが、一般的には「別れた直後は、お互い冷却期間が必要」です。なのでメールを送るのは、冷却期間後にしましょう。冷却期間というのは、最低でも2~3ヶ月は必要です。

メールの内容は、別れた時の状況や相手の性格をみて慎重に送ることが大切です。誰かの言葉ではなく、自分自身の言葉で相手の気持ちを考慮した内容にしましょう。

そして、一般的には冷却期間が必要だと言われますが、それは必ず必要と言うわけではありません。

また、未練の押し付けにならないように気をつけて下さい。冷却期間の間、連絡を取るのをグッと我慢してきたはずですので、「ようやく連絡できる!」という思いでつい、未練や抑えきれない感情が先走ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、ここで相手が重く感じ、無視されてしまえば全てが無駄に終わってしまいます。なので明るく元気な印象や冷静な印象の相手が返信しやすいような内容にしましょう。そこで好意的な返信があったのなら電話をかけてみてもいいかもしれません。

 

ヨリを戻したい方

「復縁」

2人が出会った縁には

2人で乗り越えるものがある

2人だから乗り越えられるものがある

2人の心が一体となった時

どんな苦難も乗り越える力になるのです

菅原 隆志

 

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

人気テレビ番組、芸能人、雑誌などで評判!日本トップクラスの「復縁屋さん」の復縁メソッドを頼ってみて下さい。

「復縁したい!」という、多くの人たちのお悩みを解決してきた7つのステップ。

幸せで温かい笑顔の家庭を築いて下さい。
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

人気テレビ番組、芸能人、雑誌などで評判!日本トップクラスの「復縁屋さん」の復縁メソッドを頼ってみて下さい。

「復縁したい!」という、多くの人たちのお悩みを解決してきた7つのステップ。

幸せで温かい笑顔の家庭を築いて下さい。
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私が実際に体験した、復縁失敗についてこれから語ろうと思います。私の恋愛が不幸な結果に終わってしまった大きな理由は、お互いの住む場所が離れてしまったこと、さらに、その時期に2人とも仕事が忙しくなってしまったことだと思っています。近くにいれば、多少のすれ違いや不満などは、よく話し合うことで解消できると思うのですが、遠距離になってしまうと、ちょっとしたケンカやいさかいであっても、その溝が埋められないまま、ますます大きくなってしまうことがあるのだと思います。私の今でも忘れられない5年間の恋愛は、そのほとんどの期間2人とも近い場所に住んでいました。5年間の終わりのほうで、事情があって遠距離恋愛になり、ある時ささいなことでケンカをしてしまいました。時間さえあれば、お互い好きあっているのが分かっていたし、話し合いをしたりしてすぐに仲直りしていたかもしれません。でも、その時2人はそれぞれ激務をこなす日々で、私はあるプロジェクトのサブリーダーを任され、彼は忙しい部署に配属されたばかりでした。いつも温厚な彼が私のちょっとした言葉にカッとして、最後はケンカになってしまった裏には、彼の慣れない部署でのストレスや失敗があったのかもしれません。私のこの苦い経験から、復縁について言えることは、距離はたとえ大きく離れてしまっても、話す時間が作れれば復縁することが可能ですが、時間がなくて話したり会ったりすることができなくなると、すれ違いや誤解がそのままになってしまい復縁は絶望的になると思います。以前の私のように、これから遠距離恋愛になるカップルには、忙しくてもコミュニケーションする時間だけは確保して欲しいと思います。

  2. 相手の方とヨリを戻したいのなら、まずは相手の気持ちや状況を良く知る事が大切だと思います。

    自分の事ばかり考えて、一方的に自分の想いや気持ちを押しつけてしまうと相手の方は、ますます嫌がってしまい逆効果でしょう。

    毎日の様に電話したり、会いに行ったりしてしまうとストーカーと勘違いされてしまったり、自分でも気が付かないうちにストーカーになってしまう事もあるかもしれないからです。

    昔、別れたはずの元カレがやたら私の周りに出没して視界に入ってきて、怖い思いをした事があります。
    気が付いたら近くにいるのは、本当にゾッとしました。
    やたら凝った事をしたり、くどい言い回しもイラッとしますね。ありえません。
    周りから固めていくのも、上手くやらないと失敗する確率が高いですね。

    慎重に相手の気持ちを考えて行動するのが一番ですね。

  3. 別れたばかりの時期に、元恋人から非を詫びる電話や、面会を取り付けようとするメールが頻繁に来るといらっとしました。
    返信を強いられたり、これから自殺します等とメンヘラを装った文面が連なっていたりすると、手に負えない!と気持ちが一気に覚めました。
    勢いでアドレス変更してしまいました。

    共通の友人を介して取り持ちをお願いする時、元恋人の現状についてしつこく聞き回ると、元恋人に告げ口されておじゃんになります。

    新しい交際相手の陰が見えて落ち込んだり、自暴自棄に走ると、自分自身の魅力が下がります。
    男やもめ状態が長く続く程、復縁に費やすやる気が出にくくなります。

    実家とべったりの関係(兄弟や母がよく家に遊びに来る、着替えが置いてある等)も、元恋人にとっては居心地が悪く、復縁を妨げる要因になるかも知れません。

    友達関係から再スタートしても、必要以上に慇懃無礼に振る舞ったり尽くしすぎると、相手になめられます。
    誠意とまめさがない人には、復縁は向いていないと思います。

  4. 何かしら理由があって別れたのだから、別れたパートナーを思い出にして新たなパートナーを探した方が良いと思うのですが、人の思いはそう簡単に御せる訳もなく。

    復縁に失敗する例として考えられるのは、冷静な目を持ち合わせていないのでは?

    具体的に言えば自分と相手の関係性を冷静に見つめる目のこと。

    恋をするとワクワク・ドキドキします。

    だからついついはしゃいじゃったりするのですが、そのときパートナーの気持ちがあなたの気持ちに追い付いていない、又は追い付けない状況であるかもしれません。

    パートナーはパートナーであり、あなたではありません。たのしいときもあればそうでないときだってあると思います。

    それでもあなたは自分の気持ちだけを先行させてはしゃぎ過ぎてしまえば知らず知らずのうちにパートナーとの間に溝を作っているのではないでしょうか?

    醒めた目で見ろ…というのではなく、パートナーのことを思いやる優しい眼差しで…冷静な目と表現させていただきました。

  5. 自分のことで恐縮ですが、若い頃に同じ女性と二度つき合ったことがあります。
    結局、
    別れましたけど。

    今考えると自分が優柔不断だったんだなあと反省してます。
    それから、
    女性とつき合うのには、はっきりと意思表示することにしています。
    まあ、
    今は年も取り妻子持ちですので。
    (笑)

    反省すべきは、
    つき合ってみて、
    今ひとつフィーリングがあわない時はダメなこと。
    女性の気持ちをもてあそぶことになるし、相手に大変に失礼だということ。
    若かったんでしょうね。
    ずるかったんでしょうね。

    まだ、自分には、イイ女と巡り会うと思っていたのでしょう。
    違う女性に目が向いてしまう、ズルイ自分がありました。

    なんで、
    よりを戻したのかと。
    最初に別れた原因をしっかりと理解して、曖昧につき合ってはいけないですね。

  6. 私はあまり恋愛経験がないため、よりを戻す方法は、よく分かりません。

    あまり、しつこく、電話やメールや、手紙などで
    「よりを戻したい」
    と言うのは、やらない方が良いかな?と

    思います。

    また、しつこく、家に押し掛けてはダメですよ。

    この方法が効果的な人もいますが、嫌がる人もいます。

    よりを戻したいなら、毎日、毎日、何通もしつこくメールするよりかは、

    週に一度彼女(彼氏)と会う時間を作りましょう。

    たぶん、別れたのは、あまり恋人に構ってなくて、愛想をつかされたんでしょう。

    今まで、ちゃんと、デートしたり、会う時間が取れなかった分、今、ちゃんと会う時間を作りましょう。

    って、、、私は何を書いてるのか?

    まあ、とにかく、

    週に一度は、よりを戻したい相手と会って、じっくり話し合いましょう。

  7. あくまでも私が思う事、そして経験した事ですが。

    家賃が払えなくて出て行かないといけないから戻って良い?その代わりに、そっちに行っても家賃は出せないけど。

    稼ぎが悪くて考えに考え別れたのに家賃は払えないけど、ありえないです。

    また、別れた原因は色々な原因があるけども、その原因になった元をハッキリと話し合わないと同じ事の繰り返しになり失敗します。

    ストーカーまがいな事も嫌です。

    自宅前とか近くで待ち合わせしたり用事もないのに電話、メール気持ち悪いです。

    また直接話をしないで友達に私の近況を聞いたりされるのも嫌ですね。
    自分で話をしないで義母から話をしてくるのも、ありえないです。

    マザコンみたいだし自分の意見、気持ちはないのか?大の大人なのにって言う気持ちになりますよね。

    自分の意見が言えないのは私には無理です。

    経験はしましたが嫌な気持ちを抱いたりしたら復縁は絶対に私は無理です。

    相手に気持ち?を押し付けるのは絶対にダメです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

September, 2018
M T W T F S S
« Jan    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930